大雪山

  1. 大雪山は北海道中央部にある火山群で、カルデラの御鉢平を囲み、最高峰の旭岳・北慎岳・白雲岳等がある。1700メートル以上は這松帯で夏も雪渓が残り、裾野は広大な原始林。大雪山国立公園に属し、層雲谷や旭岳温泉からロープウエイの便が有る。
  2. 旭岳は、大雪火山群中の成層火山で、標高2290メートル、北海道の最高峰。安山岩からなり、西方に爆裂火口の地獄谷があり、硫気を噴出、底に姿見池がある。旭岳温泉からロープウエイを使って、登山するのが便利。
  3. 旭岳のそばにある、凌雲岳は標高2125メートルで溶岩ドームの形をしています。粘性の高い安山岩マグマが噴出したため,流動性に乏しく火口の上に盛り上がって固まってできました。
  4. 大雪山国立公園は北海道中央部、石狩山地の主要部を占める日本最大の国立公園。大雪、十勝、石狩などの火山群からなり、火口、湿原、雪渓と高山植物、針葉樹の原始林におおわれた山体などの景観が特徴。探勝期は七月から九月が最適。1934年に国立公園に指定された。
英語表示 仏語表示


この風景についてのレッスンをダウンロードする
ダウンロードは次の場所をクリック: ウインドウズバージョンをダウンロード, マックバージョンをダウンロード
注意: デモユーザーは最初の5つのレッスンだけダウンロード出来ます。 詳細はリストを参照して下さい。

www.hikyaku.com/gallery/japanese/daisetuj.htm
Photo Copyright, Taguchi
Text Copyright, Free Light Software
最終更新:26/10/07