浅草

  1. かって江戸と呼ばれた東京は、十六世紀に入国した徳川氏が江戸幕府を開いてから急速に発展し、十九世紀終には、すでに人口百万を越す、世界一の大都会であった。
  2. 推古天皇の三十六年(628年)三月十八日、浅草の漁師桧前兄弟が、隅田川で漁猟中一寸八分の黄金像を発見。これを郷司土師中知が草堂を設けて安置したのが始まりと伝えられています。
  3. 東京最古の庶民信仰の寺、浅草寺は、「浅草の観音様」の呼び名で、多くの人々から親しまれています。
  4. 門前市とは、中世以後、寺社の門前に発達した市を言う。寺社の門前は、営業上の安全性、神官、僧侶等消費者の集住、参拝客の往来等の理由から、早くから市が立った。
英語表示 仏語表示


この風景についてのレッスンをダウンロードする
ダウンロードは次の場所をクリック: ウインドウズバージョンをダウンロード, マックバージョンをダウンロード
注意: デモユーザーは最初の5つのレッスンだけダウンロード出来ます。 詳細はリストを参照して下さい。

www.hikyaku.com/gallery/japanese/asakusaj.htm
Photo Copyright, Corel Corporation
Text Copyright, Free Light Software
最終更新:23/10/07