レインボーブリッジ

  1. レインボーブリッジは昭和62年に着工し平成5年に竣工した東京港を横断する吊り橋です。全長は918m、主塔と主塔の間は570mあります。橋は二層構造になっていて、上階は高速道路、下階は一般道路と歩道と、それにゆりかもめと呼ばれる無人の臨海高速鉄道が走ります。
  2. 昭和33年、総合電波塔として、高さ333メートルの東京タワーが誕生しました。それまで、首都圏のテレビ電波は各局の自前の放送塔からバラバラに送り出されていましたが、これをまとめて一か所から送信するための塔として東京タワーが出現したわけです。
  3. 東京湾は関東地方南部の入り江で、東は房総半島、西は三浦半島に挟まれ、南から浦賀水道を経て太平洋に通じる。東西約30キロ、南北約80キロ、北部は一般に浅く、30メートル以内で、南に向かって次第に深さを増す。首都東京を控え、西は京浜工業地帯。
  4. 東京港は隅田川河口から多摩川に至る東京都の港で1941年に開港した。近年埋め立てによって著しく発達し、竹芝・有明・芝浦・晴海・大井等が主な埠頭。竹芝埠頭から伊豆諸島や小笠原群島への定期航路、また有明埠頭から北海道や九州・四国へのフェリー便がある。
英語表示 仏語表示


この風景についてのレッスンをダウンロードする
ダウンロードは次の場所をクリック: ウインドウズバージョンをダウンロード, マックバージョンをダウンロード
注意: デモユーザーは最初の5つのレッスンだけダウンロード出来ます。 詳細はリストを参照して下さい。

www.hikyaku.com/gallery/japanese/rainbowj.htm
Photo Copyright, Ito Motohiro
Text Copyright, Free Light Software
最終更新:26/10/07